スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

アンジュフォーラム2018 まとめ-3

◆パネルトーク
アンジュ食のフォーラム2018のまとめ最終回、パネルトークをお届けします( モデレーター深江園子)。 パネルには講演者お2人のほか美術作家の斉藤幹男さん、初参加の川口剛さんの2名が加わります。

※敬称略、プロフィールはフライヤー画像参照

深江園子: この会にはいつもテロワールという言葉がありますね。北海道食文化研究会という会に携わっていますが、そこで景観と食文化の専門家ジャン=ロベール・ピット先生から「テロワールとは、風土とその上で繰り広げられた人の営み」と教わりました。曽我さん、小栗さんはそこを実体験をもって語られたのだなあと思いながら聴かせて頂きました。
パネルでは今回のテーマ「時の節目」を振り返って今思うこと、そして今後について伺いましょう。ここからのお二人には今までの足取りを短くご紹介頂いて始めたいと思います。


斉藤幹男: 10年前というとドイツに住んでいました。日本の大学を卒業後、’02年から’07年まで在籍した美術大学を卒業した年です。29歳まで学生をしていたんですが、周りの友人たちも30歳過ぎで一度仕事を一休みして来ている人が多く、自分がすごく子どもみたいな感じでした。先生より年上の人もいっぱい居て、職員かな?と思うと学生だったり(笑)。僕のアトリエの写真です。これはドイツの写真家ヴォルフガング・ティルマンスが撮ったもので(ご存知の方もいると思います)、彼の写真集にも収められています。この人も先生で、日本でも著名な方なので緊張していたのですが、向こうでは意外と普通でした。インタビューでは「1年に3日しかカメラを持たない」なんて言ってとてもカッコいいんですが、実際には毎日カメラを持ってた(笑)。日常の中で常に撮りまくって、ものすごい数から選ぶんですね。行ってからわかったことは、現役のアーティストと学生の距離がとても近く、尊敬しつつもライバルという感覚。急に生徒の方が売れたり、先生が落ち目になったりもあります。
  当時つくっていた作品をご覧ください。16mmフィルムを使ったアニメーションです。原画は当時PCは使わず手描きしていました。皆さんの後ろ上方にある大きな黒猫の作品は、札幌のギャラリーで展示したものです。展示終了後、ここ(会場の二階ロフト)にぴったりなので置かせて頂いています。次の作品は「犬の小便小僧」です。型のようなものが見えますが、札幌「天…

最新の投稿

アンジュフォーラム2018 まとめ-2

アンジュフォーラム2018 まとめ-1

10/27 "THE GATE" by 野瀬栄進

新ホームページ開設のお知らせ

2018年食のフォーラムのご案内